診療調剤介護報酬債権ファクタリングサービス

弊社ではお客様(医療機関様、調剤薬局様、介護事業者様、障害福祉サービス事業者様等)が国民健康保険団体連合会(国保)・社会保険診療報酬支払基金(社保)に対して保有する診療報酬債権等を買い取ることにより、債権の早期資金化を可能とする「診療調剤介護報酬債権ファクタリングサービス」を行っております。
こちらは国保・社保への診療報酬債権等の請求日(毎月10日)から最短3営業日で、請求額の70%~90%を受け取る(前払い)ことができ、また、2か月後に国保・社保からの支払を弊社が受けた後に、前払い金額との差額をお振込(後払い)致します。
なお、既に診療やサービスが完了している債権だけでなく、将来発生予定の債権(将来債権)の買い取りにも対応させていただいております。

サービスの流れ(概要) ※医療機関様の場合

診療調剤介護報酬債権ファクタリングサービス 図解

  1. 診療報酬債権について、お客様と弊社で債権譲渡契約を締結致します。(契約前に、弊社で所定の事前審査がございます。)
  2. 国保・社保に対して債権譲渡通知書を発送致します。
  3. 毎月10日までに、国保・社保に対して診療報酬請求書を提出してご請求いただき、同時に弊社へ請求書の写しをお送りいただきます。
  4. 弊社に請求書の写しが到着後、最短3営業日で請求書記載額の70%~90%から弊社事務手数料を差し引いた額を弊社より前払致します
  5. 請求月の翌月20日~25日頃に、国保・社保は弊社へ診療報酬を支払います。
  6. 弊社は診療報酬受取後5営業日以内に、お客様へ診療報酬の後払い金(国保・社保支払額-前払い額(弊社事務手数料控除前額))をお支払い致します。
    ※お客様が保有する診療報酬債権等の返戻率や安定性及びお客様の財務状況等について事前審査させていただいたうえで、買取り条件をご提示致します。

サービス利用によるメリット

  1. 診療報酬債権等の早期資金化が可能となり、借入金の圧縮やキャッシュフローの改善を図ることが可能となります。
  2. 煩雑な事務作業や金融機関の審査もなく、簡単な手続きで利用が可能です。
  3. サービスを利用しても、信用情報機関への登録は行われず、また担保も不要です。
  4. 長期の契約が可能なため、継続的な安定資金を調達できます。

診療調剤介護報酬債権ファクタリングサービス スケジュール
※上記キャッシュフロー比較は、当サービスを理解し易く説明するために弊社事務手数料を除いております。また、日付は銀行休業日等を考慮していません。

その他

・弊社事務手数料は、診療報酬債権額の0.5%より個別に決定致します。
・サービスを利用されて資金化をされた診療報酬債権等は、買戻しができなくなります。

 

お問い合わせはこちらから

©2019 太平フィナンシャルサービス. All Rights Reserved.